2014年02月14日

M様邸 子供部屋にロフトのある家

blog20140210.jpgDSCN2896zz1.jpg

きっかけは見学会
リフォームor新築

M様は、中古で購入された一軒家にお住まいでした。
立地環境には大変満足されているのですが、建物が老朽化してきており、大規模なリフォームを検討しておりました。漠然と考えていた時に、中舘建設のイベントがあることを知りご家族で参加されたのがスタートです。大規模リフォームのご相談をいただきましたが、基礎が束石であったりとリフォームのメリットが少なく費用も高額になってしまうとの懸念があり、また、現在の土地に関して不安もありました。その後、M様と何度も打合せを重ねた結果、リフォームではなく新築することが、家族にとって一番良いと考えました。
M様は建て替えでは無く、新しく土地を購入することにし、土地探しをスタートされました。
住まいづくりのスタートは建築会社と何度も打合せを行い、自分たちに一番良い住まいを検討していくことが大切です。

子ども達への親心
土地探しは学校区を優先
お子様を転校させたくないという強い思いから、今の学校区内で探されることをご希望されていました。
ご希望の学校区内は市内でも人気が高く、冬の雪置き場を確保できる広めの敷地を探すことは難しい状況でした。しかし、中舘建設ならではの不動産ネットワークにより、一般には公開されていない理想の土地を見つけることが出来ました。「敷地状況」「周辺環境」などをプロの目で確認して土地を契約されることをお勧めしています。
また、ローン計画を事前に行うことにより迅速な決断が可能となりました。

家族が一緒にいられる時間は少ない
子どもたちと将来を考えた住まい空間
ご主人様・奥様ともお仕事をされております。子どもの成長は早く、あっという間に思春期になり、親子の関わりを深める時間には限りがあるとお考えでした。「子ども達との時間をもっと有意義にしたい!」「子どもたちと過ごせる楽しい住まいにしたい!」という気持ちを今回のマイホームプランに反映させました。
また、子どもたちが独立し、夫婦2人になった時も考えコンパクトな住宅にしたいと考え建築士とプランを練り上げました。


■建築士と考えた住まい
R_01-kitchen.jpg R_02-bathroom.jpg R_03-washitsu.jpg
開放的なキッチン。キッチンにいても子供たちの様子が見えます。 ゆったりサイズのバス。寒い冬の北海道、一日の疲れをお風呂で癒したいとお考えの方が多いと思います。 くつろぎの和室スペース。ポカポカの太陽に照らされてのゴロ寝が最高に気持ちいい!
R_04-kidsroom.jpg R_05-loft.jpg R_06-living.jpg
開放的な子供部屋。南向きの子供部屋は明るい光が射し込むことでいっそうの広さを感じます。 子ども達のロフト。遊びに勉強!使い方はアイデア次第! 南向きで明るいリビング。土地探しでは陽当たりを重視して選びました。


■パッシブ換気と床下暖房
20140131blog001.png
●パッシブ換気とは、「暖まった空気は上昇する」という自然の原理を利用して、床下に取り入れた新鮮な空気を、最上部に設けた排気口から換気する方法です。

●床下暖房は、床下に設置した暖房で暖めた空気をパッシブ換気を利用した自然対流によって、くまなく循環し家全体を暖めます。

★メリット
・温度ムラを抑え、健康的に暖まります。
・室内に暖房器具が無いので、お部屋を有効活用できます。
・コントローラーで室温を調節可能です。






施工事例TOPに戻る

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい!

ページトップへ