2013年03月18日

高気密・高断熱をしっかり伝える

高気密・高断熱を曖昧に語ることはしません。
中舘建設ではC値を実測し、Q値を計算しております。

「高気密」「高断熱」と言う言葉はよく聞きますが、弊社では具体的に数値でお伝えしております。
気密の性能を表す数値「C値」 と 断熱の性能を表す数値「Q値」 です。


断熱性能を表すQ値

弊社はすべての住宅でQ値を計算しております。
Q値は、住まいの保温性能を示す目安の値で、熱の逃げにくさを表しています。
数値が低いほど、断熱性能が高いということになります。
次世代省エネルギー基準の北海道地域ではQ値1.6w/㎡*k以下が基準となります。

弊社では次世代基準を満たす性能になるように設計しております。

※平成25年10月より見直し省エネ基準がスタートします。断熱基準はQ値からUA値(外皮平均熱貫流率)で算定されます。

C01_R.JPG気密性能を表すC値

気密性能の具体的な物差しとなるのが「C値」と呼ばれる数値です。
住宅の隙間がどれくらいあるのかを表す数値です。
どれくらいの数値だと良いのかというと、日本で最も厳しい基準である次世代省エネルギー基準の北海道地域は2.0c㎡/㎡以下です。数値は少ないほど気密性能が高くなります。

北海道、特に道北地域の住宅は断熱性能が高いということは当たり前です。

「家を新築したのに寒い」「断熱材を厚くしたけど思ったより暖かくない」
という話を聞いたことはございませんか?
その原因は「気密性能」が低いからです。断熱材をいくら厚く良いものを入れても、家に隙間多いと、せっかく暖めた空気が冷えた外気と入れ替わってしまうのです。

気密が高いと以下の効果が得られます。
1.断熱効果の向上。隙間が少ないので暖かい空気が逃げていかない。
2.結露の防止。外気の冷たい空気の流入を少なくすることで結露を防止できる。
3.換気の効率化。必要換気量、換気経路の計画を建てることができ、室内の空気汚染を防止し健康な環境をつくることが出来る。

弊社では、C値を実測してお引渡し致します。

弊社の建物を測定したところ、おおむねC値0.6c㎡/㎡であり、次世代省エネルギー基準の2倍以上高気密という結果が出ております。※1

モデルハウスや特別な仕様の家だけが高性能なのではなく、すべてのお住まいが高気密高断熱でありたいと考えております。

「高断熱」「高気密」を本当にお求めの方は、ぜひ中舘建設にお任せ下さい。


※1 すべての住宅で同様の数値を保証するものではありません。

ページトップへ

T様邸 『暖かい家』

case02_T001_R.JPG     madori_002.jpg
【家づくりのきっかけをお聞かせ下さい】
 当時住んでいた借家が古く、冬場になると寒くて生活に不便を感じていました。
 妻や子供たちの為にも、あったかい家を建てようと思いました。

【こだわりポイントをお聞かせ下さい】
 とにかく断熱と気密にこだわりました。
 期待以上の暖かさで、灯油の消費量が思ったより少なかった。

【プランニングについてお聞かせ下さい】
 全部屋が暖かくなるようにしました。
 どの部屋にいても期待以上の暖かさで満足しています。

【失敗したことをお聞かせ下さい】
 北側玄関なので、道路から見ると殺風景な外観になってしまった。

【御施主様から一言】
 施工品質が高く建築中でも安心していられました。
 細かな隙間も気密処理をきちんとしてくれたのが良かったです。

【建築士から一言】
 断熱性・気密性を考慮した結果、北側の窓が少なくなりやや物足りない外観になってしまいました。
気密断熱は計算通りの数値が出ており、ご家族様に満足して頂けて嬉しいです。


         施工事例TOPに戻る

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい!

ページトップへ