2012年11月30日

「人生で一番高い買い物は?」~~家づくりで失敗しない為に~~

money_2.jpg

「人生で一番高い買い物は何ですか?」
と質問されたら大多数の方が「家です。」と答えると思います。


家づくりを検討している人のほとんどが、人生で一番高い買い物は「家」だと思っています。
しかし、大多数の方が実際に買っているものは「家」ではないのです。

では大多数の方は何を買っているのでしょうか?

その答えは、「住宅ローン」です。
住宅ローンは「金融商品」なのです。

2,000万の家を2,000万で買える人は現金で購入される方だけです。
ほとんどの人が住宅ローンを組みます。
ローンの組み方によっては、2,000万の家が3,000万になる方
あるいは2,000万の家が4,000万になる方
場合によってはそれ以上になってしまう方が存在します。

例えば、2,500万円の住宅を金利3%(全期間固定)35年のローンを組むとします。
その返済総額は、おおよそ4,040万円です。
返済利息額はなんと約1,540万円です。

金利は変動します。借入時期により利率が変わるのです。
仮に同じケースで金利が1%上昇したとします。
その返済総額は驚きの4,650万円です。
返済利息額は約2,150万円です。

たった1%の金利上昇で約600万円も支払う額が多くなってしまいます。
同じ家を購入しているにもかかわらず、ローン商品が違うとこんなにも差がでるのです。
家は財産として残ります。
しかし、残念ながらローンの利息は消費してしまえば無くなってしまいます。

「人生で一番高い買い物は「家」ではなく、住宅ローンである。」

このことは、家づくりには欠かせない知識です。
住宅ローンのことを疎かにしてしまい、
「絶対に組んでいけない住宅ローン商品」を契約してしまうと
支払総額が多くなってしまうこと以上の悲劇が待っています。
多くの方はそのローン商品ことを知らずに契約してしまいます。


「住宅ローンで失敗したくない」とお考えの方は中舘建設にご相談下さい。
私たちはお客様に幸せになって頂きたいと常に考えています。

資金計画のことを知りたい場合は小冊子
「5分でわかる!成功家族のあんしん資金計画 3つのポイント」をお読みください!
shiryo.png


お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい!


ページトップへ