10年間の住宅瑕疵担保責任保険

新築10年保証の住宅瑕疵担保責任保険とは住宅の傾きや雨漏りなどの欠陥(瑕疵)が発見された場合、保険が適用されます。

新築住宅のお引き渡しから10年間に、住宅品質確保法で定められた基本構造部分である「構造耐力上主要な部分」と「雨水の侵入を防止する部分」に欠陥(瑕疵)が発見された場合、補修費用に対して保険金が支払われます。
万が一、住宅事業者が倒産していてもお客様に補修費用が支払われます。
また、トラブルがあった場合にも専門の紛争処理機関が利用できます。

また、同保険では工事中に外部検査員(建築士)により設計施工基準に基づき、現場検査を受けます。

ページトップへ